台湾の温泉の歴史は、1894年に初めて北投で発見され、台湾が日本に割譲された後、日本の温泉文化が台湾に影響を及ぼしました。1896年には、北投に台湾初の温泉旅館「天狗庵」を開き、北投温泉郷の時代が始まっただけでなく、台湾温泉文化の幕開けともなりました。日本統治時代に最も名が知れていた四大温泉は、北投、陽明山、関子嶺と四重渓でした。現在は、施設の再開発などにより、多種多様な新しいスタイル温泉施設が各地に登場しています。賑やかな都市部の喧騒から少し奥に入るだけで、日本と似て非なる台湾ならではの温泉浴を満喫してみるのもお勧めです。

全国に広がる!温泉パラダイス台湾

台湾は温泉の宝庫
台湾は温泉の宝庫

環太平洋火山帯に位置する台湾は、地熱資源に恵まれた温泉のパラダイス。日本の九州ほどの大きさの島の各地に100ヵ所以上の温泉が湧き出ています。北部の大屯山系の温泉は酸性硫黄泉、中央山脈一帯の温泉の多くはアルカリ性炭酸泉。さまざまな泉質の温泉浴を満喫できます。温泉地の多くは風光明媚な深山や渓谷にあり、大自然が織り成す景観にも心身ともに癒されます。

温泉療法の効果を探る-血行の促進、疲労回復

温泉療法は神経痛、リューマチ、関節炎などの慢性疾患、胃腸などの消化器系の疾病や皮膚病に効果があります。また、肌を滑らかにするなどの美容効果も見られます。専門医によると温泉に浸かることによって痛みが軽減し、膠原組織の伸展性が増進され、関節の活動および血液の循環、新陳代謝が促進されるそうです。

 台湾観光局 台湾好湯サイト 

台湾式スタイルの入浴方法のご注意

亜熱帯の台湾では、風呂に入って身体を温めるという習慣がありません。ぬるいお湯にゆったりつかるのが入浴スタイルです。また、日本と同様、湯船にタオルを入れたり、身体を湯船の中でこすったり、浴場内で前を隠さずに裸で歩くのは禁物です。また、台湾では水着やシャワーキャップの着用が必要な温泉場も多くあるので事前確認が必要です。