原鉄道模型博物館(横浜市西区)にて、友好議定を結ぶ台湾の高雄市にある「哈瑪星台湾鉄道館(ハマセン)」より台湾の鉄道史を伝える貴重な品々を期間限定で展示する「ナローゲージ王国 台湾の軽便鉄同展」が開催されます。台湾では製糖会社や林業、塩田など産業用鉄道として、多くのナローゲージの鉄道が日本時代から敷かれてきました。当時の産業発展を支え、人々の足として愛され、時を越えながら現代に繋ぎ、貴重な文化遺産として大切に保存されきた台湾の鉄道文化をお楽しみいただけます。


     ナローゲージ王国 台湾の軽便鉄道展 公式サイト
     2017(平成29)年1月18日(水)〜3月13日(月)
    会場:原鉄道模型博物館 公式サイト (横浜駅より徒歩5分)
   開館時間:10時~17時(入館16時30分まで) 
   休館日:毎週火曜日、施設保守点検(2017年2月5日~6日)、年末年始
   入館料:大人1000円 中学生・高校生700円、小人料金 600円
 
   協力:高雄市立歴史博物館/台湾糖業股份有限公司

 高雄市 哈瑪星台湾鉄道館(Hamasen)  公式サイト
 高雄市で台湾カルチャーが集結したアートスポットとして話題の「駁二藝術特区(Piar2ArtCenter)」に2016年6月末にオープンした博物館。館内では100年以上の時を繋いできた台湾鉄道史の過去と現在が紹介されているほか、鉄道模型が台湾各地を走行する大ジオラマが展示され話題を集めています。 

情報:原鉄道模型博物館/台湾観光局・台湾観光協会東京事務所 2017/01/16

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan